蕎麦

山梨 長坂 翁のお蕎麦

翁のお蕎麦は、もりそば「ざる」と「田舎」の二種類です。そば殻をきれいに剥いてから粉にした「うぐいすいろ」の「ざるそば」、少し太めのしっかりとした食べ応えのある「田舎そば」。あなたならどちらを選びますか?

こちらは「ざるそば」です

こちらは「田舎」です

自家製粉

蕎麦の実は味や香りが変化しないように定温倉庫で順番を待っています。

蕎麦はもちろん自家製粉です。現在も修行時代と同じ時間に起床し、その日の蕎麦をいくつもの手順を経て美味しく食べて頂くように心を込めて打ち上げます。

 

蕎麦の実はこの大きな石臼できめ細かいそば粉にします。この時そば粉を握ると「キュッ」と固まり、手の後がしっかり残ります。

その日の気温や湿度によって微妙な調整をしながら、いつ食べても「美味しい」と言っていただけるように気を引き締めて打ち上げます

打ちたての蕎麦

日々変わる気候や蕎麦にあわせて蕎麦のゆで加減も違います。最後に美味しいお水で蕎麦をしめます。

景色を見ながら蕎麦をつまみに軽く一杯いかがでしょうか。