HOME

山梨 長坂 翁

*山梨翁 2018年秋の蕎麦会のお知らせ

 

「翁」創業者の高橋邦弘が自家製粉に取り組んだ最初の店の「長坂翁」です。
高橋邦弘の教えを守り、選び抜いた素材を繊細かつ大胆に打つ蕎麦を是非お召し上がりください。

翁のお蕎麦

翁のお蕎麦は、もりそば「ざる」と「田舎」の二種類です。そば殻をきれいに剥いてから粉にした「うぐいすいろ」の「ざるそば」、少し太めのしっかりとした食べ応えのある「田舎そば」。あなたならどちらを選びますか?

静かな場所にあります

お店は静かな林の中にあります。庭にはベンチがあり木陰で鳥のさえずりに心をいやされます。またここからは南に冨士山、西に甲斐駒ヶ岳が望めます。

山梨・長坂「翁」
代表 大橋 誠
山梨県北杜市長坂町中丸2205
TEL 0551-32-5405

営業時間  午前11:00~午後3:00

冬季営業時間 午前11:30~午後2:30

蕎麦がなくなり次第終わることが御座います

予約は受け付けておりません

月曜定休日、火曜日は休みが不定です。

定休日のお知らせからご確認いただくか、詳しくは電話にてお問い合わせ下さい

蕎麦

山梨 長坂 翁のお蕎麦

翁のお蕎麦は、もりそば「ざる」と「田舎」の二種類です。そば殻をきれいに剥いてから粉にした「うぐいすいろ」の「ざるそば」、少し太めのしっかりとした食べ応えのある「田舎そば」。あなたならどちらを選びますか?

こちらは「ざるそば」です

こちらは「田舎」です

自家製粉

蕎麦の実は味や香りが変化しないように定温倉庫で順番を待っています。

蕎麦はもちろん自家製粉です。現在も修行時代と同じ時間に起床し、その日の蕎麦をいくつもの手順を経て美味しく食べて頂くように心を込めて打ち上げます。

 

蕎麦の実はこの大きな石臼できめ細かいそば粉にします。この時そば粉を握ると「キュッ」と固まり、手の後がしっかり残ります。

その日の気温や湿度によって微妙な調整をしながら、いつ食べても「美味しい」と言っていただけるように気を引き締めて打ち上げます

打ちたての蕎麦

日々変わる気候や蕎麦にあわせて、蕎麦を打ちます。

景色を見ながら焼き味噌をつまみにして蕎麦前日本酒などいかがでしょうか。

 

定休日のお知らせ

9月定休日

3日(月) 4日(火) 10日(月) 11日(火) 18日(火) 25日(火)

27日(木)28日(金)高橋邦弘そば会のため

30日(日)森ファームそば祭りのため

 

10月定休日

1日(月)2日(火)9日(火)15日(月) 16日(火)

22日(月)23日(火)29日(月)30日(火)

地図

長坂 翁へのアクセス

中央道長坂インターより 約10分

中央道小淵沢インターより 約15分

JR中央東線 長坂駅より 車で約5分

JR中央東線 小淵沢駅より 車で約18分


拡大地図を表示